スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東北旅行8

五所川原駅から今日の宿、十和田湖温泉へ
とうとう、最後の夜になった・・・と言っても2泊3日だからね(o^∇^o)
見るもの、聞くもの珍しくてバスの中では自慢じゃないけど一睡もしていない。ずーーーっと真っ白い世界を見ていた。
五所川原駅からりんご園へ、と言っても冬だからりんごは木にはありません。りいごの加工品を試食してお土産を買うだけ。
何しろバス2台だから試食の前には行列が出来る。
りんごジュースにりんごパイ、その他いろいろりんごのお菓子がいっぱい!こう連れてこられるとお腹も空いてるしやっぱり買いたくなるのよね。でも今回はチープな旅行だから予算はそんなには無いのだ、と買う前に自分に言い聞かせるとこれが結構効くのだ。
お店の前。さ~温泉へGO~
20050217221936.jpg

今日の宿泊地は青森県十和田湖畔温泉の緑水閣
八甲田から十和田湖へ降りてくる時、眼下に見える真っ白い雪に囲まれた十和田湖の景色がものすごくきれいだった!
もうこれだけでもここへ着てよかった~というほどの景色。
バスに乗っていたので写真を撮れなかったのが残念・・・・
辺りが暗くなった頃にホテルに到着した。
20050217224641.jpg

着いて少し経つともう真っ暗になった。写真で着ると真っ白できれい~なんだけど、一歩歩くにも慎重に歩かないと滑るのだ。私は滑らずに済んだけど、滑っている人がけっこういました。関係ないけど、寒い地方へ旅行するときは絶対保険を掛けた方がいいです。
20050217224656.jpg

ホテルのレストランの窓の外には氷のキャンドルが飾ってありとても雰囲気が良かったです。
ここ緑水閣はこじんまりしていて景色も湖の前にあり良いし、今日はツアー客だけだそう。(この寒い時期こんな所まで来るのは阪急のツアーだけらしい)部屋も暑いくらいだし、温泉も良し、何より複雑でないところが良い。
今日の夕食はというと・・・・
和食のバイキング、バイキング!!
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
今までの食事がさっぱりだったので超うれしかったです。
おまけに今夜は食事をしながら津軽三味線のライブも聞けた。この演奏された方ものすごく上手だったです。食べながら聞くのにはもったいないくらいでした。おしゃべりも面白かった(ほとんど吉幾三がしゃべってるようにしか聞こえない、青森の方はみんな吉幾三に聞こえてくる)ちなみに今引いている三味線の値段は250万円だそうだ。
20050217224427.jpg

こちらはバイキング
20050217230914.jpg

この天ぷらはいつも揚げ立てで特に写真右にあるまいたけの天ぷらが美味しかった。
20050217230958.jpg

20050217230933.jpg

きりたんぽはお米で出来ているので1本食べただけでお腹いっぱい。
20050217231022.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/02/17 23:21 ] 東北旅行 | TB(0) | CM(0)

東北旅行7

この日のメイン『ストーブ列車』http://www.aba-net.com/train/tsugaru.html
ストーブ列車は津軽鉄道がやっている季節限定(11月~3月)までの有名な列車だ。
この日は金木駅から五所川原駅まで乗りました。(写真は団体客にだけ発行している記念切符。津軽中里からになっているが、ツアーの都合で途中にある金木から)
20050216112837.jpg

でも何故かここで全員の記念写真。雪こそ降ってないけど、椅子に座らされての撮影は寒い!
金木駅は最近建て直したみたい新しくきれいでした。レトロっぽく古い駅舎をイメージしていたからあれっという感じです。
20050216115008.jpg

私は知らないんだけど、ある番組でスマップの香取慎吾が地元の子どもたちと一緒にペイントした列車が展示してあった。
後日娘に聞いたらスマスマで見たことがあると言っていたから結構有名らしい。
20050216115020.jpg

30分ほど待つとやっと列車がやってきた!
20050216115044.jpg

ワクワクしながら中に入るとこれがまた暖かい。ものすごく暖かいのだ!ストーブ前に座っていた人達はあまりの暑さに逃げ出してしまった。私たちは通路を隔てた席に座っていたけど、それでも熱い。
レトロな列車にレトロなツアー客(^^;)
今回はこのツアーのために鉄道会社のおばちゃん達がするめを焼いてくれるとの事。
20050216115033.jpg

おまけにワンカップ酒まで頂いた。30分足らずの列車の旅、いっぱいやりながらでは全然時間が足りないじゃないの。たいがい人はもっと乗っていたいと言うんだそう。そりゃそうよね。こんなに楽しかったら2時間くらいは乗っていないとね(^^)
写真の窓に付いている水滴は雨ではなくて、あまりに車内が暖かいので雪が溶けてるのです。
20050216115110.jpg
[ 2005/02/16 12:08 ] 東北旅行 | TB(0) | CM(0)

東北旅行6

ここで昼食なんだけど、お弁当です。しかも昨日、今日バスの中。なにぶんハードな日程なので仕方ないらしい。まだ11時くらいなので入らないよ(-。-;)でもチャンスを逃すと次の場所についてしまうので食べました。味は?普通です。ただのお弁当。
バスに乗っている時間が長いと昼食もバスの中で済ませなくちゃいけない。ここがちょっとつらいとこだけど、後は何にもしなくていいからバス旅行は楽チン。
さて、青森の金木町で何を見るかというと、今度は見るのではなくて体験です。金木町から五所川原駅まで津軽鉄道がやっている「ストーブ列車」に乗るためにだけ、ここを訪れたのです、、、と言っても過言ではないほど、このツアーの目玉なのです。順調にツアーが進んでいったので金木町にはすいぶんと早く着きました。列車の出発の時間までにはずいぶん時間があるので予定外の見学をすることになりました。
金木町は斜陽で有名な太宰治の生まれたところです。生家が資料館(斜陽館)として公開されているのです。
20050213225942.jpg

20050213225954.jpg

当時太宰の父は金木町の大地主そうで、当時高級なヒバ材をふんだんに使って今では復元出来ないほどの豪邸だそう。ほんと外見は旅館。中に入るとまたびっくり!こんなにすごい豪邸(昔の)は初めて見ました。ほんとの旅館みたいなのです。
20050213225748.jpg

20050213225728.jpg

20050213231114.jpg

20050213225833.jpg

20050213225802.jpg
一部展示もしてあります。この他にも大きな蔵があってその中も展示室でした。
太宰治のことはよく知らなかったのですが、大金持ちの秀才ボンボンだったんでだな~って事がよくわかりました(^^)
2005年1月29日(土)
[ 2005/02/13 23:22 ] 東北旅行 | TB(0) | CM(0)

東北旅行5

一夜明けて旅行二日目。
朝早く起きたのでまた仙人風呂に入った。う~ん、朝の温泉は気持ちがいいねえ~旅の醍醐味。
この日の予定は、ホテルを8時出発、田沢湖で遊んだ後、鹿角のきりたんぽのお店で休憩して青森の金木町へ。
↓ホテルの部屋の窓から見た風景。
20050213155627.jpg

今回、宮城~岩手~秋田と旅を進めているが、その雪の量はというと仙台ではまったく東北と思う気がしないほど雪が無い。
きっと九州の人は東北といえばどこでも雪がいっぱいと思っていると思う。(いや私だけかな?)でも違うのよね。北へ行くほど雪の量が多くなっていくのだ。
仙台から岩手平泉へ行くと雪が50cm?くらい積もっていた。でもとても寒い!秋田へ行くとそれ以上だ。さらに山の上の方、田沢湖ではこれくらいあった。下が固いからひざまで位入るけど実際は1m以上はあるのでしょう。
20050213160752.jpg

朝日を浴びてキラキラ光る真っ白な雪に皆感動~
ほんと、いい年をした大人がはしゃいでいるのだ。
20050213163312.jpg

田沢湖でのイベントはなまはげとかまくらの体験。
20050213162920.jpg
記念写真ではこのようになまはげのお面をかぶって写りました(うそうそ、合成です)
田沢湖を後にしてバスは一路鹿角へ。
鹿角ではきりたんぽのお店で休憩と昼食、ツアーでお決まりのお買い物。
きりたんぽはツアーで『焼ききりたんぽご賞味』となってるから一人1本ずつ食べられるのだ。焼きたてとお昼前でお腹が空いていたせいもあって美味しい~お味はくるみ味噌味で少し焼けた味噌の風味が良かった。もちろん旅行代理店の目論見どおり、購入させていただきました(笑)
20050213163724.jpg

お店の外にはかまくらがいっぱい!もうほんとにいっぱい作ってある。観光客のために作ってあるのはわかってるけど、やっぱりうれしい(^^)
20050213191813.jpg

20050213163527.jpg
かまくらの中にはコタツが。入り口が子ども用のためかとても小さいです。中でお雑煮でも食べたら美味しそうです。
2005年1月29日(土)
[ 2005/02/13 16:54 ] 東北旅行 | TB(1) | CM(0)

東北旅行4

バスは角館から一路今日の宿泊地田沢湖高原温泉へ
20050213145136.jpg

途中高速のPSで休憩。
少しは大雪に慣れたけどやっぱり外に降りて雪に触ってみたい。
遠くを見ると山脈が真っ白でキラキラしてとてもきれいだった。
↓今回のバスは2台80名以上のツアーとなった。
20050213145119.jpg


さてバスは6時前にホテルに到着。
外は暗くてあまり見えないけど雪に囲まれたホテルはライトアップのせいもあってとてもステキ・・・に見えた。
プラザホテル山麓莊http://www.hana.or.jp/~plaza/index1.htm
20050213145208.jpg

このホテルは広いけど、別館が二つもあって迷路みたいなのだ。
お風呂に行くにも遠いし、ロビーは別館を越えていかないといけない。こりゃ、迷子になろそうだわ。
3回くらい行き来してやっと行き方を覚えた(覚えてどうする)
夕食前に温泉で一風呂と思ったが、6時半からだったので食事を済ませてから入ることにした。
旅の楽しみはお食事~~♪♪
と、言いたいところだけど、なにせ安いツアー旅行。
はっきり言って今回の旅行で夕食の期待はまったくしていなかった。(いや、ちょっとは・・・((o(б_б;)o))ドキドキ)
え?これだけ?と期待を裏切ることなく見事に思ったとおりの夕食でした。
20050213145147.jpg

食事が終わって8時半からロビーで津軽三味線民謡ショーがあるというのでまたまた温泉は最後の楽しみにして民謡ショーを見た。たいしたこと無いかなくらい思っていたが、これが結構すごい!踊りは良くわからないけど津軽三味線がすごいのだ。
↓写真の初老の男性が先生。津軽三味線の生演奏は初めてで、独奏が迫力ある素晴らしい演奏でした。
20050213145157.jpg

最後にお風呂。
ホテルのHPに書いてあるように、4つのお風呂があった。
ここの売りの一つは酵素風呂。
ここは有料だし、時間もあまり無かったのでパス。
で、残り3つの温泉のはしごをしました。
最初に入ったのはノーマルなお風呂。
続いて露天風呂へ。
旅館のHPにあるような雪見露天風呂でカンゲキ~
夜に浮かび上がる雪に囲まれて入るお風呂は最高ね~
今夜は疲れるからここで止めようと思ったが、明日ひょっとして寝坊したら一番入りたかった温泉に入れない。
え~い、疲れてるけど入っちゃえと仙人に入った。
この温泉はあの有名な秘湯「乳頭温泉」の蟹湯(たぶん)から直接温泉を引いてあるそうだ。この温泉は最高に良い。乳白色で硫黄の匂いがすごい。湯ノ花がこびりついていて回りは黄色っぽい。温泉の成分で滑り易いから注意してくださいと書いてあったので慎重にお風呂の中に入ったけど、隣で入ろうとした人が滑りそうになった(冷汗)
3つのお風呂に入ったけらさすがに疲れてしまってその夜はぐっすり眠ることが出来ました。
2005年1月28日(金)
[ 2005/02/13 15:06 ] 東北旅行 | TB(1) | CM(0)

山茶花

山茶花
久留米市民図書館の生垣   OLYMPUS E-300
20050209214346.jpg


20050209215710.jpg

20050209215807.jpg

[ 2005/02/09 21:50 ] 花&花木 | TB(0) | CM(3)

東北旅行3

秋田県の角館へ
岩手県の中尊寺から一気に秋田県の角館の武家屋敷へ。

角館には夕方の3時半くらいに着いた。わ~秋田も雪がいっぱいだわ~(東北だもん、当たり前)
もし3時くらいに着けば、武家屋敷でも一番見ごたえがある、ガイドさんの説明によれば『一番書くが高い』「青柳家」を見学する予定だった。でも青柳家は4時までしか開いていないんだそう。そこで公開時間がもっと長い「石黒家」を見学することになった。時間はまだ3時半くらいだというのにもう夕方の雰囲気。そっか~ここは東北だもん、九州とはだいぶ日の入りの時間がちがうのね。
20050208223355.jpg

写真でもわかるよう、この武家屋敷は枝垂れ桜がすごい!
どこのお屋敷のお庭にも大きい枝垂れ桜が植えてある。きっと江戸時代に枝垂れ桜を植えるのが流行ったのね。
春の桜の頃にきたらきっときれいだろうな~!
そのうち桜に時期にここを訪れたいわ。桜大好きなのです(*^.^*)

写真は石黒家の中。もう雛飾りが飾ってあってとてもきれいだった。
20050208223322.jpg

20050208223307.jpg

添乗さんが集合時間とバスの集合場所を話していたけど、いつも聞いてない(^^;;
さっさと写真を撮っているので聞く暇がないの(^▽^;)
でも時間が過ぎていくと段々不安になってきて、夫に聞くとこれまた??なのだ。時間は?バスが待っているところは(・_・ ) ( ・_・) ドコドコ
あれ~こんなところで迷子になりたくないよ~すると同じツアーの人を見つけたから急いで後を着いて行った。でもそのグループもわからないらしく、慌てて来た道を引き返すことにした。
そうだ!まだお土産も買ってない!さっき添乗さんが言っていたここにしか売ってない『生もろこし』を買わなきゃ~
(注:もろこしは小豆の粉で作ったらくがんみたいなもの。普通は乾燥したのしか売ってない)
えーーそれはどこ?しばらく探していたら添乗さんと出会ったので場所を聞いて慌てて買いに行った。お店はバスの近くだったので
ギリギリセーフで間に合いホッとしました。
買った『生もろこし』は食べちゃったから写真はありません。生菓子風でとても美味しかったです(*v.v)。
≪唐土庵HP≫
http://www.hana.or.jp/hana/morokosi/
20050208223501.jpg

2005年1月28日(金)
[ 2005/02/08 23:07 ] 東北旅行 | TB(0) | CM(0)

椿

椿いろいろ

2005年2月6日
石橋文化センターにて
ニコン クールピクス 5700
20050208020147.jpg


20050208020211.jpg


20050208020225.jpg


20050208020240.jpg


[ 2005/02/08 12:09 ] 花&花木 | TB(0) | CM(0)

東北旅行2

さて今日は最初に観光した中尊寺
≪中尊寺のHP≫
http://www.chusonji.or.jp/index.html
HPでも紹介してある通り、国宝やら重要文化財の宝庫。
なにしろ3000余点もあるそうだ。
そこでも一番は金色堂。金色のお堂の中の仏像も金色。
建物も何もかもキンキラキン(゜Д゜) ハア??すごい・・・・
建物の中に建物が建っている。
(中は残念ながら撮れなかったので外の建物だけ写してます)
その側に立っている経蔵は重文。
20050208004131.jpg

護衛蔵に展示してある、日本の写経史上の頂点に立つという国宝「中尊寺経」は金文字で書かれていました。
とにかく展示館の中には国宝がたくさん展示してあり、中尊寺の事は良く知らない私にとって驚きでした。
20050208011422.jpg

「夏草や 兵どもが 夢の跡」
「五月雨の 降り残してや 光堂」
松尾芭蕉は「奥の細道」の旅で平泉を訪れ中尊寺の金色堂を見てこう詠んでいるそうです。うーん、ロマンを感じる・・・

こちらは本堂。
20050208011441.jpg


山寺には坂がつき物。
寺を降りるときはアイスバーン状態のものすごくツルツルした坂だったので、そりゃあスリル満点。そのままだと急な坂を滑ってしまうのでロープがしてあり、ロープを伝いながら恐る恐る降りたのでした。滑らなくて良かった!
付けたし:降りるとき、連れ合いはさっさと一人で降りてしまった。ちょっと~怖いじゃないの!なんで一人だけさっさと降りるのよ。そう思いながらこわごわ降りていると、さっき写真を撮ってくれたよそのご主人が心配して手を取ってくれた。ま、この際いっか~と思ったけど、何か視線を感じる・・・あの~後ろにいらっしゃる、ご自分の奥さんの心配をして下さいね(^^;;

2005年1月28日(金)
[ 2005/02/07 11:53 ] 東北旅行 | TB(0) | CM(0)

東北旅行1

1月28日から31日まで阪急のツアーで雪の東北を旅行した。
28日7:30分福岡空港第1ターミナル集合。
福岡発8:30⇒10:00仙台着
ここの日はとても天気が良く眼下に素晴らしい景色が広がって感動しているうに1時間半が過ぎた。
2005年1月28日(金)
20050202212056.jpg

(飛行機から見えた雲ひとつ無い鳥取県の大山)
仙台は初めてで((o(^∇^)o))わくわく
といっても空港だけだったけど、車窓から雪が見えるかと思ったらまったく雪が無い!ガイドさんの話では東北の南にある仙台はあまり雪が降らないらしい。これから向かう岩手県平泉の中尊寺は雪がたくさんあるから足元に注意をするように言われた。
中尊寺は今ドラマでやってる義経で有名らしい。
名前くらいは聞いたことがあるけど・・・・
とにかく由緒あるお寺なのね。
40名を乗せたバスは東北自動車を一路平泉へと行く。
北に向かっていくと段々雪が多くなってきて、回りの人たちも、わ~きれい~と声が聞こえてくる。九州人は雪がいっぱいある風景にあこがれるのよね~ほんとにきれいな雪景色。
雪いっぱいの景色を見ているうちに中尊寺に着いた。
バスから降りると{{(T-T)}}ブルブル・・・さむっっ
寒いよ~晴れてるとは言え、やはり東北。やぱり寒い。
20050202211903.jpg



[ 2005/02/02 21:46 ] 東北旅行 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。