スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東北旅行10(最終回)

吹雪の中を一抹の不安を抱きながらバスは次の目的地奥入瀬へ。奥入瀬渓流は十和田湖から注がれた水がつくり出している渓流。大小のさまざまな滝がある。今日は車窓から見ていくだけだがもちろん真っ白の一面銀世界。十和田湖から奥入瀬へ行く途中見た朝日に赤く染まった八甲田の山の美しかったこと!(バスの中から見ただけで写真を撮る暇はなかった)
05-01-30_09-25.jpg
携帯で撮った写真。奥入瀬までずっとこんな風景。
DSCN1782ss-.jpg
奥入瀬でトイレ休憩した場所。
DSCN1755s-.jpg

バスの車窓からは素晴らしい景色の数々が。滝の氷爆は特に素晴らしかった。バスガイドさんが「ここから右に左に有名な滝が見えてきますからぼーっとしてる暇はないですよ。」説明するのに息をするタイミングも考えるんだそう。ほんと右を見てカンゲキしながら写真を撮ってると左を見ないといけない。もうこれだけで目を回しそうに忙しかった~写真はガラス越しなので全て青い写真になってしまった。まあ雰囲気だけでも味わって頂ければ・・
奥入瀬を後にして次の目的地「酸ヶ湯温泉」(すかゆ温泉)へ
酸ヶ湯温泉は青森でも超有名な秘湯。超有名になったら秘湯ではないか。。。。
酸ヶ湯温泉へ行く途中、吹雪はさらにひどくなってバスの前がまったく見えない状態になってきた。ふと頭に「こんな所で遭難はしたくないよ~」回りが雪で真っ白。何も見えないのだ。この辺りから皆しーんとしてじっと外の景色に見入っている。きっと同じ事を考えているんだろうな・・・乗務員さんが時々バスの外に出て凍り掛けたワイパーをポットの湯を掛けて溶かしている。この猛吹雪の中でも時々バスや自動車に出会う。地元の人はすごいなーーこんな吹雪の中、車が動かなくなったらどうするのかしら?考えただけで恐ろしい。追い討ちを掛けるようにガイドさんが雪の八甲田雪中行軍遭難の話をしだした。一番吹雪がひどいとき、ちょうどこの辺の近くで遭難されたそうだ。そのときの気温はー20度ほどだったそう。何も無い中で聞く話とその場所でもう吹雪を体験しながら聞くのとでは迫力が違う。まるで自分が体験してるような感じだ。バスの中の暖房が効かないくらいの寒さだからそれは耐え難い寒さだったでしょう。バスの外を見ればすれ違うのは除雪車だけ。
酸ヶ湯温泉が見えてきたときは皆拍手だった。
DSCN1805s-.jpg
ずーっと吹雪き。
DSCN1801s-.jpg

酸ヶ湯温泉はまるで千と千尋に出てくるような湯治場。実際湯治場って見たこと無かったけど、きっとこんな雰囲気だと思う。ここで温泉に入る予定だで朝バスに乗り込む前に別の袋にお風呂の準備をしていた。が!夫が他の荷物と一緒にバスのトランクに入れてしまっていた。吹雪の中、運転手さんに凍ったトランクの中からバスタオル(ここは混浴なのでバスタオルが必要)を出してもらうのは気の毒だからと断念。添乗さんは「ここは予約して宿泊するのに1年以上掛かりますよ。入らなくていいですか??」と何べんも聞いたから「また来るから大丈夫よ」とにっこり笑った。
ここで全てのツアーが終わったの一路青森空港へ。
空港に着く間中添乗さんは飛行機の状況を調べていた。空は時々見えるから飛行機は飛びますよ。その言葉に安心していたけど、、、、近づくに連れてまた吹雪。
DSCN1808s-.jpg
空港にて。吹雪状態。
こんな時は機材が着陸しないそうだ。さっきまで天気よかったから安心していたのにまじ帰れるか危なくなってきた。添乗さんは帰れるかどうかわからないので青森市内にみんなのホテルを予約したそう。私は仕事を片付けてきたからいいのだが、夫は渋い顔。職場には旅行というのを内緒にしたそうで、明日は大事なことがあるそう。でも飛ばなきゃ仕方ない。観念なさいよ。
飛行機が遅れると暇だからお土産コーナーをうろうろする。そうするといつの間にかまたお土産が増える。空港売店は吹雪き様様なんだろうな~待つこと1時間あまり、やっと東京から飛んできている飛行機が着陸できるようになったとアナウンスが入る。やった~これで帰れるわo(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!
バスの運転手さんもガイドさんもこの間、(欠航の場合市内のホテルまで皆を運ぶため)待機してくださったそうだ。
DSCN1809s-.jpg

飛行機に乗り込んで飛ぶまでしばらく待機しているとまた吹雪が・・・え~~早く飛んでよ~やっぱり飛びません、なんておろされないわよね(^^;;
ほのかな期待でもう1泊は見事に裏切られたけど、反面ほっと安心。東京経由で無事に帰路に帰ることが出来た。
DSCN1813s-.jpg
飛行機の中から撮った大寒気の雪雲。この雲の中は真っ白で雲の流れすら見えない、何も見えない不思議な空間だった。
最後にバスの中から撮った携帯写真。
05-01-29_11-46.jpg

運転手さん、大ベテランのバスガイドさん、添乗員さん3日間どうもありがとう~
1月30日(日)
ここ東北は新緑の季節、秋の紅葉の季節に行けば素晴らしいでしょう。きっとまた行くぞ~~!
スポンサーサイト
[ 2005/03/12 15:52 ] 東北旅行 | TB(0) | CM(2)

猛吹雪ね!

ririさんこんばんわ♪東北旅行9、10最終回、
写真を拝見し、紀行文を拝読いたしました。
凄く詳しく書かれていて猛吹雪の様子と雪に
慣れてないririさんの不安が良く伝わって来ました。酸ケ湯温泉は昔の湯治場そのものね。入浴
出来なくて少し心残りかもーー。奥入瀬の滝の氷爆は天然でやはり迫力満点で~す。餌を求めての白鳥の軍団は見事、奈良の鹿寄せを画像から思い出しました。今回のご旅行の忘れ物
は秋にまた一味違った風景に出逢えるかと思います。では(^-^)/~ マタネッ  ヒデより。
[ 2005/03/13 23:06 ] [ 編集 ]

また必ず・・・

やっと3日間分終わりました。
早くしないと次が着ちゃうでしょう。忘れてしまいますよね(^^;)
太宰治の斜陽館、大雪でレンガの塀が壊れてしまったそうです。壊れる前の写真撮っておいてよかった~奥入瀬、八甲田の山々は季節のいい時に是非訪れてみたいです。
ホテルの廊下に飾ってあったカタクリ、ミズバショウの群生憧れます。一度は写真撮ってみたいです。あ、これは田沢湖だったっけ?(゜_。)?(。_゜)?
[ 2005/03/14 13:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riri0101.blog4.fc2.com/tb.php/16-a6bf68c2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。