スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長崎ランタンフェスティバル4 唐人屋敷

唐人屋敷会場
唐人屋敷は鎖国時代に出島と共に、海外に唯一開かれていた窓口でした。
ろうそく祈願四堂巡り
土神堂、天后堂、観音堂、福建会館を順番に巡り、それぞれにロウソクを立ててお願いをすると良縁に恵まれ夢が叶うそうです。
OLYMPUS E-300+ZUIKO DIGITAL11- 22mm F2.8-3.5
E-300

後5枚あります。↓続きも見てくださいね。



E-300

幸せの赤いろうそく?
E-300

ろうそく祈願会場である土神堂
E-300

メイン会場へ戻る途中にあったあの有名なカステラ「福砂屋」本店です。
お店の中はお土産のカステラを買う観光客でいっぱい。私は去年ここで買ったので買いませんでした。
E-300

メイン会場側の「新地中華街」時間は8時半ごろです。これでもかなり少なくなりました。
ここでも赤いランタンが天井一面に飾ってあります。
右に「・・・楼」の看板が見えますが、長崎に来たときには必ず寄るちゃんぽんの美味しい「江山楼」です。順番待ちで2時くらいに名前書いた人がなんと今食べているそうです。他のお店もずっと順番待ちで結局中華街でちゃんぽんは食べられなかったです(_ _。)・・・シュン
明日は最後ですが、やっとメイン会場の湊公園になります。もう少しお付き合いくださいね。
E-300


スポンサーサイト
[ 2006/02/23 22:58 ] 夜景 | TB(2) | CM(10)

幻想的でいいなぁ

長崎は中学・高校と青春時代(何年前じゃ!!?)を過ごした地なのですごーく懐かしいです。
言い古されているけど「異国情緒」という言葉がぴったりするんですよね。
でも、最近は新幹線を通すとか、ririさんの写真にあるランタンフェスティバルの開催とか、何かとがんばっていますよね、長崎も。
「福砂屋」のカステラ、美味しかったなぁ。
[ 2006/02/24 13:18 ] [ 編集 ]

本当に美しい

ロウソクのゆらめきまでがクッキリ捉えられていて,美しいですね。
粒子も粗くないですね。
ISO400ぐらいなのですか?
三脚は使用されているんですよね。
[ 2006/02/25 00:35 ] [ 編集 ]

nobuさん

中学と高校と。。。。多感な青春時代をすごされたんですね^^
フェスティバル期間中はすごい人出で何十万人かな。普通の時にきても中華街は人でいっぱいだし、長崎は元気ですね!
福砂屋のカステラは美味しいけど高いからいつものお土産は3本1000円でーす(^^;;
これも結構いけますのよホホホ!(^O^)
[ 2006/02/25 01:02 ] [ 編集 ]

vagabond67さん

ありがとうございます。
ISOはたぶん200で三脚使用です。
オリンパスは400ではちょっと辛いですね。
[ 2006/02/25 01:04 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。

ありがとうございます。
参考になりました。
ISO200だから粒子も細かいんでようね。
オリンパスは400だと粒子が粗くなるんでしょうか?
私は,そこそこの夜景でも,ISO800とか1600とかに設定して,力業で手持撮影していましたが,これからは三脚使用します!
それにしても,ririさんの写真,昼の写真も素敵ですが,このランタンシリーズ本当に奇麗です。
[ 2006/02/25 12:49 ] [ 編集 ]

くっきりね!

ririさん、こんばんわ♪ローソクの焔が殆ど揺れてなく素晴らしいピントですね。やはり三脚の仕様ですよ。最近奈良の寺院では三脚使用禁止で大変辛いです。カメラにもよりますがヒデの
場合はISO800が限度ですね。出来れば400で撮影致したいね。
では(^-^)/~ マタネッ  ヒデより。
[ 2006/02/25 23:32 ] [ 編集 ]

vagabond67さん

ほめて頂いてありがとうございます。
ほんとに設定はカメラ任せまかせなんですよ(^。^;;夜景設定にするとノイズ軽減もも自動で設定されるのできれいなんでしょうね。
オリンパスの新機種は400でもきれいらしいですがやはりISOが弱点です。
キャノンでしたら800でもきれいでしょう。
でも夜景はやはりスローシャッターで撮るほうがきれいでしょうから面倒でも三脚を使用されたほうが良いと思います。

[ 2006/02/26 17:55 ] [ 編集 ]

ヒデさん

そうですね。去年京都に行ったとき三脚はおろか写真撮影も出来ないところがありましたね。こちらのお寺でも禁止のところは多いですよ。
ここは祈願する人の邪魔にならないようにと外で撮っていましたが、中に入って撮っていいですよと声を掛けてくださったので近くできれいに撮ることが出来ました。
[ 2006/02/26 18:02 ] [ 編集 ]

蝋燭の炎は・・・

安らぎと落ち着きを感じます。
炎というものは、不思議と精神が統一される思いがあるんですね、私の中には・・・
別に宗教的な意味ではなく、現象というか事象というか、上手くは表現できないんですが。

今回の一連の写真を見て、心が落ち着きました。
ありがとうございました。
[ 2006/02/26 21:49 ] [ 編集 ]

ZEISSさん

あまり信仰心がない私でもこういう場にいると心が安らぎます。そうするとあまり撮るのはよくないかな・・・なーんて思いましたが、しっかり撮りました^^そう思ってくださってよかったですm(._.)m
[ 2006/02/26 23:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riri0101.blog4.fc2.com/tb.php/195-7f0d6901


唐人屋敷唐人屋敷(とうじんやしき)は江戸時代の鎖国政策により長崎市|長崎に設置された中国人住居地区。政府の規制によって成立した唐人屋敷も一種の中華街といえよう。1635年、江戸幕府は中国商船の入港を長崎一港に制限する措置を取ったが、キリスト教徒ではない中国人
[2007/08/01 13:53] URL 街-NAVI

長崎ランタンフェスティバル長崎ランタンフェスティバルは、長崎市で行われるイベント。昔から、長崎に住む華人が旧正月を祝う祭りを中華街で行っていた。1994年より長崎市全体でのイベントとなり、中華街以外の場所にも中国提灯(ランタン)が飾られるようになった。中華街
[2007/08/01 15:29] URL 街-NAVI



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。