スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雲仙とミヤマキリシマ2

①キリスト教が禁止されていた江戸時代、雲仙地獄はキリシタンの拷問の場として使われていました。
ここ雲仙はキリシタン殉教の地なのです。
P5025942.jpg


②雲仙の温泉の泉質は硫酸酸性の硫黄泉で、強い酸性を示しています。温泉の最高温度は98℃、主成分は鉄イオン、アルミニウムイオン、硫酸イオン、リュウマチ、糖尿病、皮膚病に効果があります。
また、シューシューと音を立てて吹き出している噴気の最高温度は120℃。大部分が水蒸気ですが、炭酸ガス、硫化水素ガスを含み、強い硫黄臭を漂わせています。(雲仙観光協会HPより)
P5025963.jpg


③この青っぽい乳白色、温泉の効きめがありそう~
P5025912.jpg


④レトロっぽいですね~こういう光景すきです。
小学校のときの修学旅行先は雲仙・島原でした。
P5025930.jpg


⑤新緑の中で咲き誇るミヤマキリシマ。
P5025973.jpg



P5026006.jpg



P5026008.jpg


⑧入り口の辺り。すごく熱そう~!
温泉の最高温度は98度、湯けむりの温度は120度にまで達します。
P5026024.jpg


⑨正真正銘の「温泉卵」味があって美味しい。もちろん買って食べました(^o^)/
P5026015.jpg


⑩地獄一帯は硫黄の匂いと音がシューシューぼこぼことすごいです。
P5026037.jpg




スポンサーサイト
[ 2009/05/21 06:00 ] 花&花木 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riri0101.blog4.fc2.com/tb.php/640-2a7be666





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。