スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

枝垂れ桜の町1 浄専寺の枝垂れ桜

昨年から見たかった五ヶ瀬町の枝垂れ桜。
ちょうど三連休の日に晴天と満開というベストな状態だったので張り切って行ってきました。
説明の通りこの時期の五ヶ瀬町はいたるところで枝垂れ桜が咲き乱れて言葉で言い表せないほどの美しい風景でした。

615年の開基といわれる古寺の浄専寺の境内にある、樹齢およそ300年のしだれ桜。
江戸時代、第九代住職が京都の本願寺参りの帰途、京都祇園から苗木を持ち帰って植えたものと伝えられられています。エドヒガンの変種でイトザクラともいわれ、宮崎県の天然記念物に指定されています。
この桜の子(苗木)が、五ヶ瀬町内に約300本植えられており、中でも原田家の桜と、岡田家の桜が浄専寺のしだれ桜の子だといわれています。 (五ヶ瀬町観光協会HPより)

撮影日)2010年3月22日
撮影地)宮崎県五ケ瀬町
機 材)E-P1+フィッシュアイ  EOS 5D Mark II



①浄専寺の樹齢およそ300年のしだれ桜。 (フィッシュアイレンズで)




sSIMG_0574.jpg



③朝日を浴びて桜が輝いています。
sIMG_0449.jpg


④桜越しに。
sSIMG_0535.jpg




sSIMG_0537.jpg



⑥浄専寺入り口の桜も見事に咲いていました。
sSIMG_0510.jpg




sSIMG_0480.jpg



⑧お寺の境内だけでも相当数の桜が咲いていました。
sIMG_0515.jpg



sSIMG_0524.jpg




P3222678.jpg

スポンサーサイト
[ 2010/04/10 17:03 ] 花&花木 | TB(0) | CM(6)

こんばんは。

これは見事な枝垂れ桜ですね。
しかも、根元まで入れて写せるとは羨ましい限りです。
当地では、とても出来ない撮り方です。

しかし、魚眼でぐるんぐるん回していますなぁ。
先日は私も魚眼で桜を撮りましたが、この描写は癖になります。
海専用で購入したようなものですが、風景全般でいけますね。
[ 2010/04/10 19:52 ] [ 編集 ]

見事な桜ですね。
相変わらずのフットワークが、素晴らしいです。
この桜なら、出かけて行く価値がありますね。

最後の写真は、迫力がありますね。
[ 2010/04/10 21:35 ] [ 編集 ]

ZEISSさん
この日は朝8時ごろに着きましたから
人もまだ少なくカメラマンが少しでした。
ですからチャンスを見て側まで行って魚眼でもチャッチャと撮れました。
[ 2010/04/11 17:45 ] [ 編集 ]

hisamichiさん
五ヶ瀬町には浄専寺の桜の子孫が至る所で、まるで普通にソメイヨシノのように花を咲かせているんです。
ですからこの時期にはまるで枝垂れ桜の里のようになってますよ。
来年は是非お出かけください。お勧めの場所です。
[ 2010/04/11 18:10 ] [ 編集 ]

こんばんは

相変わらずフットワークが良いですね、今回は
宮崎県五ケ瀬町ですか。
それにしても見事な枝振りの枝垂れ桜ですね。
時間帯が早いせいかカメラマンも少なく根元まで撮れるとは良いシャッターチャンスにめぐり遭ったようですね。

この後の五ケ瀬シリーズが楽しみです。
[ 2010/04/11 18:14 ] [ 編集 ]

ちっごがわさん
早朝だったらここまで2時間できますからそんなに遠くはないですよ。
ここの桜は去年葉桜を見たとき、その枝振りのよさに来年は是非桜が咲いているときに撮ろうと狙っていました。
カメラマンもそれほど多くなくてこの後も枝垂れ桜三昧でした(^^)
[ 2010/04/11 19:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riri0101.blog4.fc2.com/tb.php/817-38205409





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。